特殊車両通行許可申請

特殊車両説明

特殊車両とは?

車の形状が特殊で、車両制限令に定める一般的制限値を超えるものを世間一般に特殊車両と呼んでいます。
まず車の形状からみますと、トレーラ連結車では、バン型、タンク型、自動車運搬用、コンテナ用、幌枠型、 ならびにあおり型、スタンション、船底型となります。ホイールクレーンなど自走式の建設機械もこれに加わります。
一般的制限値を超えるものとしては、総重量、高さ、長さ、幅などを車検証の記載値を見ながら判断します。
~一般的制限値~
2,500m
長さ12,000mm
高さ3,800mm
総重量 20t
軸中10t
隣接軸重隣接軸距(つまりタイヤです)の間隔が1.8m未満で18t、ただし隣接軸距が1.3m以上でそのいずれもが9.5t以下の場合は19t、隣接軸距が1.8m以上で20t
隣荷重5t
最小回転半径12m

特殊な貨物とは?

建設用機械(バックホーやクローラなど)、特殊な建設資材(一般的制限値を超えるもの、例えば橋梁に使用するH鋼や電柱など)などが代表的です。 このほかに大型発電機やスーパーハウスなど様々です。いずれも車両積載時に一般的制限値のいずれかを超えるものを対象にしていますので、 分割可能であっても積載時の状態により特殊な貨物とみなされる場合もあります。車の形状が特殊で、車両制限令に定める一般的制限値を超える ものを世間一般に特殊車両と呼んでいます。
まず車の形状からみますと、トレーラ連結車では、バン型、タンク型、自動車運搬用、コンテナ用、 幌枠型、ならびにあおり型、スタンション、船底型となります。ホイールクレーンなど自走式の建設機械もこれに加わります。
一般的制限値を 超えるものとしては、総重量、高さ、長さ、幅などを車検証の記載値を見ながら判断します。

新規格車とは?

特殊車両であっても、一定の制限値内にとどまる車両であれば、高速道や重さ指定道路を自由に走行できる車のことです。 つまり許可申請は原則必要としないのですが、実務的にはまず許可が必要です。なぜなら出発地から目的地までがそれら 道路でまかないきれることはまずありえません。経路上どこか一箇所でも対象外道路を走行することになれば必ず許可証が必要です。 一時期新規各車はどこでも自由に通行できるという風説が流れましたが、許可申請先が変わっただけですのでご注意ください。
 

特殊車両通行申請

横田幸一行政書士事務所
長野県長野市徳間1706
TEL:026(296)1055
FAX:026(296)1233

緊急の場合は携帯までご連絡ください。
携帯:08010437034

メインエリアは長野県北信地域全域です。
この他に長野県中信・南信地域、東京都、新潟県、群馬県、埼玉県、栃木県、山梨県となっております。
また、特殊車両申請手続きは全国対応いたしております。
法務相談の場合、遠方のお客様が多いのでなるべく依頼される方のお近くまで行けるよう努力しております。
出張依頼をご希望の方はお気軽にお電話の上ご相談ください。